筆者おすすめ!月額費用・入会金無料オンラインエクササイズ LOOOM(ルーム)で自発的に自宅で運動!

暑くて運動できない?ダイエットを快適にするおすすめグッズ【暑い日も痩せる】

暑くて運動ができないことに悩んでいる方へ!それはとても勿体ないです!

本記事を読めば、少しでも快適に運動をすることができて夏のダイエット効果が加速しますよ!

暑くて運動できないアイキャッチ
ダイエットしたい方
ダイエットしたい方

ダイエットしたいのに、暑すぎて動くのがしんどい、捗らない。快適にダイエットできる運動方法やおすすめグッズを教えてください。

本記事の内容
  • そもそも暑くて運動できない、快適でないつらい環境はダイエット的にNGな理由
  • 暑くて運動できないを軽減!ダイエットを快適にするおすすめグッズ

20年以上小太り体型でダイエットに失敗し続けていた私(151 cm)ですが、1年で55→45 ㎏、体脂肪率は32%→21%を達成しています。

そして3年以上その体型を筋トレダイエット(&食事管理)で維持しています。

ボディメイクに取り組むこの数年間、私は筋トレや有酸素運動を主に自宅で行っています。

(※厳密にいうと3年前に3-4ヶ月ほどジムに入会していましたが、立地が悪すぎて退会しました。)

自宅での運動は、天候や休業などに左右されず、やりたいときにすぐ運動できるというメリットがあります。会費もかかりません。

とはいえ夏場(6月-10月)はとにかく暑く、運動が捗らないな…と感じている方も多いのではないのでしょうか。

一年のうち半分近くは、暑さに耐えながら運動をしなければならないのが結構苦痛ですよね。

筆者
筆者

その点、スポーツジムはエアコンをガンガン効かせているのでそこはいいですよね。

だからといって、自宅でエアコンの温度を下げまくるのは気が引けるし、下げたとしても商業施設ほど涼しくないですよね。

何より、自宅の運動スペースに…エアコンの冷気は満足に行き届いていますか?

部屋のレイアウト的に、冷房がよく当たる位置で運動ができるとも限りませんよね。

運動する前は涼しくて快適だなと感じていても、いざ運動をすると「暑くて無理!」と感じることもあるでしょう。

私も夏場の運動時に暑くて不快感やつらさを感じ、やる気が出ず満足に運動できないことで悩み、最近まで試行錯誤をしていました。

そこで様々な冷却グッズや家電などを試して検討した結果、…現在夏真っ盛りですが、週4の筋トレと毎日30分から1時間の有酸素運動を達成しています。

本記事ではそんな私による、暑くて運動できないつらさを軽減し、ダイエットを快適にするおすすめグッズを紹介していきます!

ダイエットしたい方
ダイエットしたい方

でも…そもそも夏からのダイエットは無駄では?それにどんな運動が良いの?

筆者
筆者

…というそんな方はまず以下の記事を見るのもおすすめ!

1. そもそも暑くて運動できない、快適でない環境はダイエット的にNG

1-1. 暑くて運動できないのはダイエット的にとにかく損

POINT

つらすぎる暑さの中で運動してもダイエット効果激減

なぜなら暑い中で運動をすると、肉体的にも精神的にもつらすぎて動きが悪くなり消費カロリーがダウンするからです。

適切な気温でシャキシャキ動くのと、暑い中でダラダラ動くの…消費カロリーが大きく、痩せやすいのは圧倒的に前者です。

暑い中で運動をして疲れても、つらいだけであまり痩せません。

筆者
筆者

頑張った感は無駄にあるんですけどね、、

さらに暑くて辛さに耐えながら運動するのはモチベーション的にも良くなく、ストレスもたまります。

夏でもしっかりとダイエットを継続して結果をだしたいのならば…暑すぎる環境での運動は絶対にやめましょう!

ひとつの基準・目安としては、運動する前から汗ばむような暑い場所では運動をしない方が良いです。

つまり…真夏の屋外は論外ですね!もはや危険です、熱中症的な意味で。

真夏に屋外で運動できる時間帯は早朝ぐらいですが、平日は時間的に厳しい方が多いと思います。それに天候次第ではできません。

筆者
筆者

夏は19時、20時でも暑いですよね?それ以降の遅い時間は…安全面から避けたいですよね。

そこで快適な運動で効果的・効率的にダイエットするために、私は大体の方には自宅の室内での運動をおすすめします。筋トレ・有酸素運動ともにです。

1-2. 自宅・室内で快適に運動することのメリット

POINT

安心・安全の室内運動はメリットが多数!

誤解の無いようにはじめに述べますが、「運動の効果の大きさ」という点ではもちろん自宅よりスポーツジムが有利です!

ただし!立地や時間的に頻繫に通うのが苦でない、会費を出すのが余裕、ジムの雰囲気が悪くない、利用しやすい営業時間であるという条件がそろっていればです!!

言い換えればそれらがネックになっているのなら、「ダイエットの継続」という点では間違いなくジムより自宅での運動が良いです、おすすめです。

筆者
筆者

ダイエットの結果は、「効果」と「継続」の掛け合わせによるので、どちらかが大幅に悪いのは避けたいところです。

そんな自宅・室内での運動(筋トレ・有酸素運動)のメリットを以下に挙げます。

自宅・室内での運動のメリット
  • 移動や準備で無駄な体力・時間を使わない
  • 日焼けをしない
  • 時間帯や天気を気にしなくていいので交通事故や防犯的にも安全
  • 水分補給がすぐに出来る
  • 家事や育児の合間でもできる
  • ジム通いよりお金がかからない

以下の自宅筋トレのやり方や、室内でできるおすすめの有酸素運動について書いた記事もぜひご覧ください!

そんなおすすめの自宅・室内運動ですが、夏場はそれでも暑くてつらいのがしんどいポイントだと思います。

そんな辛さを少しでも改善する、筆者おすすめグッズを次の章で紹介します!

2. 暑くて運動できないつらさを軽減!ダイエットを快適にするおすすめグッズ

2-1. 激しい運動にはサーキュレーターで快適ダイエット!

POINT

激しい運動中は風をダイレクトに浴びるのが最高!

冷却グッズやいろんな小細工を試したんですけど、激しい運動中はエアコン(冷房)とサーキューレーターの組み合わせが最強だという結論に至りました。

ここでの激しい運動とは、筋トレもしくはビリー、HIITなど強度が強めの有酸素運動を指します。

ネッククーラー(首を冷やすやつ)なども試したのですが、激しい運動中にはそこまでの効果を期待しないほうがいいです。

「激しい運動による自分の発熱>>>>>>>>>ネッククーラーによる冷却」

でした、完全に。あと運動中には正直邪魔です。

ただしネッククーラーは別で使いどころがあるので、ダイエットにおいて不要とは言いません!

筆者
筆者

ネッククーラーのメリットや使いどころは次の章で述べます。

激しい運動中にはサーキューレーターで直に風を浴びるのが気持ちいいです。風は強めにして、シーブリーズと併用するとさらに良いです。

サーキューレーターを首振り(上下&左右)モードで運転し、エアコンと併用することで空気を循環させ部屋全体も涼しくなります。

しかし私のおすすめは何と言っても、激しい運動中は自分に常に風が当たりまくっている状態にすることです!(つまりサーキューレーターの首振りは上下だけで左右は動かさず自分に無けて固定)

そうすることで部屋全体の空気の循環具合は下がりますが、汗の気化熱による冷却や自分の周りの熱い空気を常にダイレクトに吹き飛ばすことでより涼しくなります。とにかく扇風機に当たって気持ちいいのと一緒だと思ってください。

しかし扇風機は大きいため収納や移動も大変ですし、部屋のインテリアによっては置きたくない場合もありますよね。

でもサーキュレーターならこんなに小さいのに、風量(パワー)は十分です。このサイズ感なので台や机の上にも置けちゃいます。

暑い時の運動におすすめサーキューレーター

梅雨の時期などは洗濯物の乾燥にも使えますね。

私が愛用しているのはアイリスオーヤマのサーキュレーターアイPCF-SDC15Tです。

風量は十分かつ強度の細かな調節もできます。強度を下げれば音も静かなので、寝るときにも使えます。

私はこれを運動時以外は上下と左右(120度)の首振りモードで部屋全体の空気を循環し、運動時は左右は固定で自分に風を当てまくる使い方をしています。

サーキュレーターは運動するとき以外にも使える上に、不要な時は小さなスペースにも収納できます。持っていない方はこの機に是非どうぞ!

2-2. 軽めの運動にはネッククーラーで快適ダイエット!

POINT

ネッククーラーで日常のだらだらを防止!

前章でディスりかけたネッククーラーですが、私は2つ(2種類)持っています。何故なら必要だからです!夏の今、ほぼ毎日使用しています。

特殊素材ネッククーラー10分で凍る
暑い時の運動におすすめ充電式ネッククーラー

ネッククーラーとは首周りを冷やすもので、充電式の物や、冷え固まりやすい特殊素材の物などその種類はいくつか存在します。

これらネッククーラーの使いどころは、何と言っても激しい運動時以外の日常です。

具体的にはデスクワーク中や家事、軽めのウォーキング、買い物や移動中です。家でもオフィスでも移動中でもどこでもです。

ネッククーラーで首元を冷やすことで、暑さによるだるさが軽減され、頭も体もシャキッと快適になります。

そう、つまり暑くても日常生活でシャキシャキと動けます!

ダイエットには激しい有酸素運動のような「あえてやる運動」ももちろん大切ですが、普段の生活でなるべく消費カロリーを上げる「日常生活のついでにカロリーを消費するちりつも」も馬鹿にはできません。

同じデスクワークや家から出ない日だったとしても、だらだら椅子からほぼ動かない一日と、ちょっとした移動や家事や掃除でシャカシャカ動き回る一日では消費カロリーに差が出て当然です。

たったの一日50-100kcalの消費だったとしても、一週間で300-500kcal…一食分に相当する消費です。

夏場の数ヶ月を通して考えると…体型、見た目に差が出るのは明らかです。マジで。

保冷剤をハンカチで首に巻くのもいいですが、洗濯物が増えるのと、保冷剤の冷却&凝固が使用頻度に追い付かなくなったのでネッククーラーを買いました。

筆者
筆者

あとネッククーラーは汗をかいてもその部分を、ウェットティッシュなどでサッと拭き取れるのが衛生的ですよね。

特殊素材式と充電式のネッククーラー、私は両方使っていますが「日常生活では使うと快適になるけど、激しい運動中はほぼ無意味」と言う特徴は共通です。

以下に私個人の感想に基づきますが、それぞれのネッククーラーの特徴を記載しました。

特殊素材ネッククーラーの特徴
  • すぐ冷え固まるけどその分ぬるくなるのもはやい
  • ただその代わり、冷やせばすぐ冷たく復活
  • 軽いし細いから常につけても邪魔にならない

私は内径75mmのSサイズを購入しました。パッケージにはキッズの写真がありますが、サイズはちょうど良いです。実際に私が購入したのは楽天市場の以下の製品です。

充電式ネッククーラーの特徴
  • 自分の体温でぬるくなりにくい、電源ONの間はいつまでも冷たい(※激しい運動時は除く)
  • フル充電でも1時間ちょいしかもたない
  • ネックヒーター機能もあれば、冬場にも活躍する

私が実際に買った製品は以下です。サイズは1つのみで選べませんでした。少し大きいですが、首の後ろにハンカチを挟むとサイズもちょうど良くなるうえに汗も吸い取ってくれます。

特殊素材式と充電式、お好きな方もしくは両方をぜひ使って日常的に消費カロリーを上げていきましょう!

2-3. 暑い運動中におすすめの飲み物

POINT

冷たいBCAA水がおすすめ!炭酸割だともっと美味い!!

BCAAというサプリメントには馴染みが無い方も多いはずですが、これは水に溶かして飲む飲む甘い味付けがされた粉で、成分は必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)です。

効果としてはBCAAを飲みながら有酸素運動をすると、筋肉をなるべく落とさず体脂肪を優先して落とすことができます。

実は筋トレや有酸素運動をすると、通常は筋肉と体脂肪両方が減ってしまいます。(ダイエット中で食事量を控えているときは特に)

ところがBCAAを飲み、血中アミノ酸濃度を上げることで運動中も筋肉が落ちにくくなります。

筆者
筆者

つまり筋肉が落ちない分、体脂肪が優先的に落ちるということです。

筆者おすすめのコスパ良し味よしの国産BCAAを以下に紹介します。

【ターザ(マンゴー風味)】

国産BCAAにしてはかなり安い方で、味も美味いです。甘めなので、多めの水で溶かすと良いです。

何よりめっちゃ溶けやすく、シェイカーは要らないです。

BCAAが溶けにくい時は、常温の水で溶かしてから氷を入れると溶けやすいかつ美味しく飲めます。

筆者
筆者

このターザは冷たい水にも比較的溶けやすいのでそこもおすすめポイントです。

袋に記載の一回分(粉末14~15 g)は多いので、その半分(7 g程度)を水200~400 mlのお好みの量で溶かしましょう。

飲み方としては上記の溶かしたものを、筋トレや有酸素運動前にある程度(1/4~半分)飲んでから、残りを最中に少しずつ飲んでいくという感じです。

そしてBCAAは冷たい炭酸水で割るとさらに美味しいです。

少量の常温の水でBCAA粉末を溶かしてから、冷たい炭酸水を少しずつ加えてください。

筆者
筆者

炭酸水を一気に加えると、あふれ出して大惨事になるので慌てずゆっくり少しずつ注いでください。

あと筋トレ後にプロテインを飲む場合は、粉をシェーカーごと冷やしておくのがおすすめです。(※溶かすのは飲む直前です!プロテインを溶かしたまま放置は痛むのでNGです!)

割るお水やコーヒーなども冷やしておいたものを使うと美味しいです。

筆者
筆者

冷たいと少し溶けにくいかもしれませんが、シェイク作業も有酸素運動と言うことで…

ま、まさか暑い夏にプロテインをぬるい水道水で割ってないですよね?!?!おすすめの飲み方・アレンジなどは以下の記事が参考になります。不味くないプロテインでも、味変をしたい場合などは是非!

3. まとめ:

本記事では暑くて運動できないつらい環境はダイエット的にNGな理由と、暑い時にダイエットを快適にするおすすめグッズを紹介しました。

暑くて日常生活すらしんどい夏ですが、頑張って運動した分だけ報われます。本当です。

筆者のTwitterでは日々の食事や筋トレ、有酸素の記録やおすすめのレシピ、習慣化の方法などを紹介しています。

筋トレや食事管理に加え、毎日いやいやながら有酸素運動をした報告などをしておりますので一緒に頑張りたい方は是非こちらもご覧ください!

その他にもダイエットレシピなど、ダイエット関して運動以外も参考になりそうな投稿もしておりますので、是非ともフォローしていただけたら嬉しいです!

以上、筆者の未来でした!

タイトルとURLをコピーしました